警備員の主な仕事内容

社会に数多くある仕事の中で、誰しもが1度は耳にしたことがある職業の一つに警備員があります。とはいえ、職業について聞いたことがあっても実際の仕事内容について詳しく知らないという人も多いのが現状です。

警備員の仕事はその名の通り人々の安全を守るためことが主な役割となります。比較的多いのが建設現場や駐車場での誘導です。危険が伴う工事現場の周辺を歩行者や一般車両が安全かつスムーズに通れるようにするこの仕事は、日常生活の中で見かけるケースも少なくありません。

そのほかにも、コンサートやイベント会場の誘導や建物のを巡回する施設警備なども警備員の仕事の一つです。

警備会社の選び方と注意点

警備員の仕事は社会の景気に左右されずに常に需要のある職業なのでそれに伴って会社の数もたくさんありますが、全ての会社が信頼できるというわけではありません。中には近年問題となっているブラック企業と呼ばれる会社も少なからず存在するのが現状です。

会社選びで重要となるポイントの一つが会社としての規模で、規模の大きければそれだけ仕事の受注も多く見込めるので、安心して働くことができます。同様に働く人数が多ければシフトを強要される心配もありません。

もう一つが資格の取得の有無についてです。アルバイトといえども警備員の仕事は資格の有無によって待遇が大きく異なります。当然のことながら資格を取得するには費用やある程度の時間が掛かってしまうのは否めません。中には資格の取得を推進して費用の補助などを行なってくれる会社もあります。

長期で仕事をするのであれば、こういった資格の取得について理解のある会社を選ぶことも重要です。

警備員のバイトは、交通誘導や施設警備など自分の興味のある仕事を選ぶことができ、研修を受けることで未経験者も無理なく働けます。