これがポイント!英語の履歴書の効果的な書き方

英語の履歴書と日本の履歴書とは

就職活動をする際に必ずと言っていいほど必要となるものが履歴書です。通常日本語の履歴書を書いて活動しますが、外資系の企業への就職を希望している場合、履歴書も英語で書く必要があることもあります。英語の履歴書とは、日本語の履歴書をそのまま英訳すればよい部分もありますが、それだけでは効果的には内容が伝わらないこともあるので、ポイントを掴んで履歴書を書くことが必要です。

英語の履歴書の基本的な考え方

英語の履歴書では、日本の形式の履歴書と根本的に考えが異なるものがいくつかあります。経歴や学歴を紹介して自己PRするという点では同じですが、書き方によって良い印象を与えるかどうかが変わります。英語の履歴書では、まず見やすく簡潔であることが必要です。長い文章をだらだら書くのではなく、場合によっては箇条書きで簡潔に書かれていることに方が好印象を持たれます。また、アピールポイントをできるだけ早い段階で書くということもポイントです。より強く押し出したい経歴や技能は上部に記載するということに注意して書きます。さらに、日本では職歴でも学歴でも古い順に書きますが、英語の履歴書では新しい順に書いていくことが基本です。

より効果的な履歴書を作成するには

英語の履歴書を作成するということは、日本語圏で育ち英語になじみのない人には難しいことです。しかし、決してインターネットなどで英訳してそのまま載せるのではなく、自分で英訳して書いていくことが重要です。さらに、ただ日本語を英訳していても魅力的な履歴書にはなりません。少しの工夫で魅力的で効果的な履歴書にするためには、Action Verbと呼ばれる、便利な動詞表現を活用することが勧められます。

英文法や用法などを熟知しておくことで、英文レジュメを作成できます。ビジネスパーソンであると、日常的に資料を作成します。