医師求人の探し方によるメリットとデメリット

人材紹介会社のメリット

医師の求人を探す方法は、人材紹介会社を利用する方法と、自分で応募する方法、さらに知人に紹介してもらう方法の3つが挙げられます。この中で人材紹介会社を利用するメリットとしては、自分で求人を探す必要が無いことや、入職までの手続きが早いことなどが挙げられます。また、人材紹介会社は各医療機関の情報にも精通しているため、入職する前に様々な情報を教えてもらうことが可能です。院内の雰囲気や病院長の人柄、症例数や診療内容など、色々なことが解かるので、実際に入職してから後悔することも少ないと言えるでしょう。

自分で応募する時のメリットとデメリット

医師が転職する時は、各医療機関の公式サイトなどをチェックし、求人を出している医療機関に自分で応募する方法もあります。この時のメリットとしては、求人サイトや人材紹介会社を介すことなく入職できることが挙げられます。またドクターバンクに登録することで、各市区町村の職員の方がサポートしてくれるケースもあるようです。そしてデメリットについては、条件交渉に苦戦する可能性があることや、事前の情報収集が難しいことなどが考えられます。また直接応募するので、医療業界で噂が立ってしまうケースもあるようです。

知人に医師求人を紹介してもらうメリットとデメリット

医師の転職で最も確実なのが、医師の知人に紹介してもらう方法かもしれません。何よりも同じ業界で働く医師だけに、病院に関する情報を深く教えてもらうことが可能です。また知人が勤めている病院を紹介してもらう時は、一定の信頼があるため、すぐに採用が決まりやすいというメリットがあります。一方デメリットとしては、雇用契約の内容があいまいになるケースがあることや、何か問題が発生した時に辞めにくいことなどが挙げられます。

医師の募集は地方を中心に増加傾向です。高齢者が多くなりがちなので、自然と医師に対する需要があるからです。