寮付きの仕事を選ぶ働きやすさと生活コスト

寮付きの仕事をするメリット

寮付きの職場の場合は寮が職場のすぐそばに完備されている事が多いので、通勤と時間が短く済む事ができます。その分睡眠時間を長く取れたり、通勤時間を趣味などに充てられるメリットがあります。公共交通機関が近くになく、不便な立地に職場があると自家用車がないと困ります。しかし寮が付いていて寮と職場が近ければ徒歩や自転車で通える範囲内になるので、自家用車がなくても問題なく通う事ができます。

職場から寮まで距離がある場合は職場から寮まで送迎してもらえる事もあります。

寮で生活する場合は近隣には同じ職場の従業員しかいないので、他の従業員とコミュニケーションが取りやすく仕事に関する相談などもしやすい環境です。

寮付きの職場は低いコストで生活できる

寮付きの職場の寮は家賃が無料か格安の家賃である事がほとんどなので、生活コスト中で大きな割合を占める住宅費用が大きく削減できます。光熱費も含まれている事もあるので、毎月かかる光熱費も削減できる可能性があります。

仕事が決まって職場までの距離が遠くて職場の近くに引っ越しをする場合は一般の住宅に入居すれば敷金や礼金などの初期費用がかかります。一方で寮に入る場合は一般の賃貸住宅に入る時のように高額な初期費用は必要ありません。寮の場合は賃貸住宅のように契約期間が設定されていないので、短い期間で他の住宅に移る場合でも利用しやすいです。

生活にかかる固定のコストが低くなるので、他の事に使える資金が増える事も大きなメリットです。

学生寮や工場寮では、寮の求人が出されていることがあります。寮全体の管理を任されることが多く、多くは女性が勤務しています。